江の浜海岸 (『世界の中心で、愛をさけぶ』ロケ地)

 江の浜海岸。大沢たかお氏がテープ聞いたり、バス降りてダッシュしたのはここ。海岸の向こうには夢島こと稲毛島が見えます。

 江の浜は夏になると海水浴客でにぎわいます。

 僕が中学生のころ、校内水泳大会の前日、色白友達と「俺らのこの白さ、めっちゃ恥ずかしいんちゃうん?」と思春期だけに自意識過剰なアセりが生じ、急遽この江の浜海岸に日焼けしに行きました。でも天気雨。海水浴客ゼロ。「おっ、なんか焼けてきたやん」と根も葉もないことを言いながらお互いを慰めあった。
 そーいえば高校生のとき、高松市の友人達が「いま庵治に着いた。海水浴させろ」といきなり電話してきたときも、自転車で迎えに行って、江の浜に案内しました。その日は台風。海水浴客もちろんゼロ。
 どいつもこいつも青かった。ほろ苦い思い出です。