HOME > 雑感

男一匹ドライブスルー

 ガソリンの値段が高いとかなんとか叫ばれる昨今。
 僕も僕なりに車を運転いたしますが、ガソリンが高いとか安いとか、これまったく気にしたことないですね。

 なぜか。僕が金持ちだからか。ノー。僕はとても貧乏です。
 ではなぜか。なぜならそれは、いつも行ってる決まったガソリンスタンドでないと、ガソリンを入れられないから。

 もうね、車とかはっきりいって嫌いなんすよ。ってゆーか車の運転に向いてないんすよね、性格が。ってゆーか下手?ど下手?えてして運転がどんくさくて、車のボディも壁とかでこづき回しとる始末です。

 だもんで自分、とにかく車に対しては極端に苦手意識がありまして、ガソリンを入れるにしても、生まれて初めて自分の車にガソリン入れるときに友だちに付いてきてもらってやっとの思いで入れたセルフサービスのガソリンスタンドがあるのですが、今現在でも、まさにそのガソリンスタンドでないと、入れられません。なんか他の知らんガソリンスタンドへ行くんは恐ろしいのです。

 だからガソリンの値段が高かろうが安かろうが、そんなの全然関係ねぇー。だって車のガソリンがなくなってきたら、いつものそこで入れるしかないわけで。


 昨日車で出かけてて、無性にマックが食べたくなった。

 もちろん僕はドライブスルーができません。

 ちなみに庵治町の自宅から、最寄のマックまでは車で片道20分かかるのだけれども、ドライブスルーのできない僕は、普段はわざわざ車を駐車場にとめてから店内へアタック、「本日は店内でお召し上がりですか?」の問いに「いや、持ち帰りで」と回答。マックは自宅でテレビを見ながら食べたい派。しばしカウンター付近で待機した後、なんちゃらセット(とにかくポテトはLサイズ)を小脇に抱え、いそいそと車に戻り、家へ帰ります。

 でもね。昨日の僕は違いましたよ。やっぱ今年のおれは違うぜっていうか、だみだだみだ、おれこんなんじゃだみだ、って思いました。
 男子たるもの、ドライブスルーくらい何気にこなせなくてどうしますか。”ドライブ”で”スルー”すればいいだけじゃないですか。
 男一匹ドライブスルー。
 この世に男と生まれたからには、さくっとこなすぜドライブスルー。
 なんといってもこのおれは、今年こそ、2008年こそモテるおれになると誓ったおれ。そんなこの年だからこそ、デビューしようぞドライブスルー。やるぜ、やります、やってこます。

 と昨日、車を運転しながら上記のような考えに至った次第でして、それから想像してみましたです。ドライブでスルーする自分の姿を。ある種のイメージトレーニング。

 するとどうでしょう。

・はたして停車せないかんところでちゃんと停車できるんか?おれ。
・落ち着いてメニューから選べるんか?おれ。
・あせって「ダブルチーズバーガーセット」とかって安易な注文してしまうんちゃうか?おれ。
・受け取りんとき車の窓とお店の窓口とがええ感じの距離感のところに止まれるんか?おれ。
・ちなみにマイカー(軽自動車)の窓はいまだに手でぐるぐる回して開ける式の窓やけど、そんなん店員さんにあなどられるんちゃうんか?おれ。
・やはりそこは男として、ぐるぐる回すのはあくまでヒジから先であって肩から上は体を固定、すなわち外から見たぶんには「私の車だってちゃんとパワーウィンドウですよ当然」みたいなスカした感じを装うべきなんちゃうんか?おれ。

 等々、運転中にも関わらず、自意識過剰な”おれ”が出現、不安と恐怖で思考がトリップ、若干の動悸・息切れも認識され、ただでさえままならない運転が、さらに集中力を著しく欠いた危険な状態に成り下がってしまいました。

 そこでこう思うことにしました。

 あ、いっけね、おれダイエット中やし、マックとか食っとる場合とちゃうし。


 とうことで、ドライブスルーどころか、マックの店舗自体を完全にスルー、行き先を急遽、大型スポーツ用品店(庵治町の自宅から車で片道40分、もちろん以前友人と行ったことがある店)に変更、でぶが災いして発症したであろう膝痛をサポートすべく、ヒザ用サポーターを購入(両ヒザ分、計4千円也)、バリューセットを買うよりはだいぶ高くついてしまったけど、むしろこっちのほうこそがモテるための有意義な自己投資さ、そうさそうさ、と自分で自分をなぐさめて、夜はそのサポーターでぐんぐんにヒザをしばってウォーキングに行きました。


【昨日のでぶろぐ】
もしもし、運命の人ですか。 (ダ・ヴィンチブックス)朝食: なし
昼食: なし
夕食: シチュー、納豆(白いごはんはがまん)
深夜: 焼酎3杯(プチ禁酒断念、ただし肴はなし)

・ウォーキング たぶん8km、1時間35分
・半身浴1時間半 (穂村 弘 『もしもし、運命の人ですか。』

体重: 75.2 kg
体脂肪率: 28.7% (低い 標準 やや高い 高い

目標は高く、リベンジ、2008

わたしの年賀状2008
 新年明けまして早5日。
 わたくし年越しと同時に禁煙宣言いたしまして、以来1日に16回ほど猛烈なストレスに見舞われつつも、なんとかかんとか耐えております。
 ちなみに禁煙3日目の朝、どっかの学校でなんかの授業を受けていたらものすごくタバコが吸いたくて吸いたくてたまらなくなって自分の机の上にがばっと上って発狂する、という夢を見ました。初夢でした。

 昨日になってやっと、年賀状を作りました。
 もう家には3枚しか白い年賀状が残っていなかったのだけれでも、頑張って3枚分だけ、年賀状を作った。あとはコンビニで買ってきたやつで何とかした。

 せっかくのねずみ年なので、昨年のリベンジ(前回の日記参照)とばかりに、またドラえもんを描きました。だいぶましになったと思う。

 昨年のブログの目標は、「年間12回更新!」でした。
 いま勘定してみたら、昨年は10回しか更新していませんでした。あと一歩でした。

 今年は「年間48回更新!!」を目標に頑張りたいと思います。そうすればたぶん年間12回更新くらいは実際いけるんじゃないかと。

 目標は高く。
 くじけることを前提に。

 いま今日12回目の禁断症状に襲われています、ニコチン的に。
 でもまだ今日はくじけない。つもり。


【昨日のでぶろぐ】
hon-nin vol.05朝食: ぬき
昼食: マルナカのコロッケと唐揚げ、のりたまごはん、あんこもち雑煮
夕食: なんかひたひたした野菜料理
深夜: 最後の晩餐(どか食い)、へべれけ

・ジョギング やむなく休み(でぶったままで走りすぎたのか、二六時中ひざに激痛あり)
・半身浴1時間 (西原理恵子 他 『hon-nin vol.05』

体重: 75.8kg
体脂肪率: 27.2% (低い 標準 やや高い 高い

これがプレゼントですが何か

1日デート券
 まいど。更新が滞っております。

 なんだか知らないうちにクリスマスも終わっていよいよ年の瀬も押しつまるって感じですが、こないだ自分、プレゼント渡して来ましたですよ。クリスマスプレゼントじゃなくてお誕生日プレゼントですけど。高校時代のお友達の誕生日。
 そういえば何年か前に、僕の誕生日に青木さやか写真集 『Ou voyez-vous?』をもらって大変嫌な思いをして、こちらからは女の人がムダ毛を処理するやつを買ってやったということをブログに書いた。(2006年01月27日

 それにしても歳はとりたくないものですね、っていうのも、もうねぇ、正味の話プレゼントとかめんどくせーっていうか、今年はプレゼント何あげようかしら、って考えること事態がもう得てして億劫なわけであって、という風に自分などはまったくもってダメ男極まりないおっさんに成り下がってしまった次第なわけであるわけですが、そんなおっさんであるところの自分が、さて今年はプレゼントどないしようって考えたところ、とりあえずもう外に買い物に繰り出すとかは、ごっついめんどいなー、って境地に達しているのであり、するってぇと残った選択肢は1つ。手作り。手作りあるのみ。手作りプレゼント。

 しかも手作りといっても凝ったものはダメなわけですよ、めんどいけん。
 そこで、はっ、とまず思い浮かんだのが、小さい子供がお母さんにプレゼントするような「肩たたき券」
 うむ。これなら何とか家にあるものだけで作れそう。

 かといってしかしやはり僕もですね、いい歳の大人であるわけであって、なんていうかもうちょっと、大人としてのプライドは多少なりともちらつかせたプレゼントにしたいというか、やっぱある程度大人のスパイスが効いたプレゼントを手作りしたいと思った次第でして、だもんで自分早速、適当な紙を適当な大きさに切って、マジックで下記のごとく書いてみました。

庵治太郎(仮名)さんと過ごす!
1日デート券
(10,000円コース)

※詳しいご利用方法は、裏面をご覧下さい。

 で、裏面には次のようなことを箇条書きしました。

・本券1枚につきデート1回有効。日程は応相談。
・1日のスケジュールはすべて自由に決めて頂けます。
・ただし、食事代・交通費・贈答品費等はすべて表面の金額に含まれます。
・表面の金額を超過する場合は、追って超過分の御請求書を郵送いたします。

 我ながら見事な契約条件を書いたものだと思いました。
 スケジュールとか面倒くさいことは完全に相手に丸投げしています。とりあえず金は出してやるけん、みたいな。1万円までなら俺が出してやるけん、みたいな。
 けっこー大人のスパイス効いてます。
 ただし、1万円の中にプレゼント代はおろか、僕の食事代とか交通費とかも含まれてるんですけどね。どんまいです。

 と、この段階で、この1日デート券のベースラインが固まったわけですが、表側を改めて見てみるに、なんだか字もえらいヘタクソだし、こうなんてゆーか、どうもスペシャル感に欠ける気がして、だもんで自分、青のマジックであのという吹き出しを付け足してみました。

あの庵治太郎さんと過ごす! 1日デート券

 あの庵治太郎さんって・・・。どのだよ。
 一人でつっこんでみました。かなしかった。

 っていうかそもそもそのデート券、この段階でもはや大人のスパイスはかなり効いていると思われ、むしろここはひとつ、少年のこころをアピールするべきなんちゃうかと考えました。大人の魅力の中にも、ちらつく少年ごころ。ね?大人の色香に少年ごころ、すなわちこれ、モテプレゼント。ね?

 っつーことで、そもそもの原点でもある「肩たたき券」的なニュアンスを意識して、表面の余白に、男の子と女の子・太陽・チューリップ・カラスの絵を色えんぴつで描いてみました。
 特に狙ったわけでもないのに、自分でも絶句してしまうほど稚拙なタッチで描けてしまいました。

 うくく。
 しかも色えんぴつで書いてもーたし、もう後戻りできねぇー。

 そこで僕は、ある一計を案じました。プレゼントする相手の友達は、確かドラえもんがとってもお好き。ここは一番、起死回生のどえらいキュートなドラえもんを描いてこますしかない、と。

ドラえもん? で、かなり頑張ってドラえもんを描いてみたのですが、なんか微妙に違うっていうか、むしろかなり違うっていうか、とにかく大変なブサイクで、まるで出来の悪いパチモンのようなその完成度の低さは、某国国営遊園地のドラえもん(のようなキャラクター)以上のものであり、っつーかむしろ忘年会のかくし芸でほっかむりをしてドラえもんのモノマネをするおっさんレベルのドラえもんになってしまいました。

 ちなみにこの段階で、紙面に余白は全くなくなったのだけれでも、あ。そう言やおれ、ドラえもんよりゴクウのほうが上手かったわ。と思い出して、むりやり孫悟空を書き足してみたのだけれども、やっぱりひどく中途半端な悟空ができあがり、とりあえず横に一星球(イーシンチュウ)を添えてみました。

 以上、想像してみてください。おっさんが部屋でひとり、ニヤニヤしながら1時間もかけて図画工作している姿を。とりあえずブログ用に、とかってそれをデジカメで撮影している姿を。
 おわってます。

 ということで、今年ももうすぐ、おわりです。
 よいお年を。


【昨日のでぶろぐ】
愛と幻想のファシズム〈上〉 (講談社文庫)朝食: お好み焼き
昼食: ベーコンエッグ、納豆
夕食: なんかの魚、なんかの野菜
深夜: 一人でどか食い、へべれけ

・ジョギング たぶん7km、約60分。
・半身浴1時間 (村上 龍 『愛と幻想のファシズム』
・造顔マッサージ(我流)

体重: 75.0kg
体脂肪率: 26.0% (低い 標準 やや高い 高い

でかいこと言ってすみませんでした

高松シンボルタワー展望台での結婚式 まいど。更新が滞っております。3ヶ月ぶりの更新です。
 まだ今年に入って2回しか更新していません。今日が3回目。もう5月も終わりなのに。
 2007年のブログ目標「年間更新回数12回」に、早くも黄色信号です。ってゆーか、もうすでに赤信号。どっかでなんとか帳尻を合わせたいと思います。

 で、この3ヶ月間、果たして一体何をやっていたかと申し上げますと、自分、太っていました。

 ええ、それはそれはもう、肥えております。腹の肉はもちろん、乳のあたりもだらけきっている次第です。もうねぇ、だるだるですよ。階段を下りるときとか、お腹とおっぱいが、ぶるんぶるんしますですよ。

 今を去ること3ヶ月前、前回の日記の時点で体重が70kgあって、友人の結婚式でタンスに眠りっぱなしのスーツを着るために3週間で15kg痩せるとかって宣言しましたが、実際には5kgしか痩せられませんでした。でかいこと言ってごめんね。もう言いません。

 結局5kgぽっちでは自分のスーツに腹が入らず、もうねぇ、当日みんなには内緒にしてたけど、ぶっちゃけ結婚式にはお父さんのスーツを借りて行きましたよ、ええ。しかもお父さんのスーツでさえ腹が入りかねましたゆえ、ズボンのホックは開けっ放しでござぁしたよ、ええ。チャックだってよく見りゃ5分の1くらい開いてましたですよ、ええ、ええ。

 ちなみにそれからリバウンドで、8kgの増量に成功しました。

 そんなこんなで近頃は、「でぶ」が原因でめっきり「うつ」になっております。

 例えば先日なども、友人に飲みに誘われたりしたのですが、誘われた瞬間、正直まず頭に浮かぶのが「ええ~、俺いま太っとるし、人に会いたくない。いまの俺は本当の俺じゃない」という概念で、でもまぁなんてゆーか、そこは僕も大人なわけであって、だみだだみだ、せっかく誘ってくれたのに「でぶ」を理由に断っちゃだみだ、と自分自身を叱咤鼓舞。

 ところがなんとか飲み会に参加しては、案外一人だけ大ハシャギしたりして、例えば友人がタバコを吸っている姿を見つけては、「ぶっ、まだタバコなんて吸ってんの?だっせー。いまの時代、タバコなんて吸ってちゃ出世できないぜ」などと、自分は出世どころか就職すらままならないことを棚に上げ、一人でぎゃあぎゃあよそ様に説教する始末。

 とまぁ、なんか意味がよくわかりませんが、とにかく何かに追われるように飲み会で一人無駄にハシャいだ後は決まって、鬼のような虚脱感およびストレスに見舞われる次第でして、飲み会から家に帰ったら、そういった虚脱感・ストレスから逃れるために、自分こっそり換気扇の下でタバコをふかしたりなんかしています。
 でかいこと言ってごめんね。もう言いません。

「うつ」な人ほど強く優しくなれる―うつで疲れたあなたの心に効く「こころのリハビリ」 ところで先日、本屋さんを散策していたところ、奥のほうの薄暗いエリアで平積みになっていた本のタイトルが、ががんと僕の目に飛び込んできたというのは、これすなわちそのタイトルが『うつな人ほど強く優しくなれる』というものであったからであって、ほんまっスか?ほんまに強く優しくなれますか?僕もできればなりたいです、と、すがるような思いでそちらの本を手に取り、目次をけみしたところ、なんと第4章、”うつな心を楽にする『ブログ療法』のすすめ”なんつってるじゃござぁせんか。
 あります。自分、あります、ブログ。もう3ヶ月やってないっスけど。
 そっか~、そうやったんか~、ブログやらんかったけん俺、うつやったんか~。解りました悟りました。この本、ください。
 って感じで、そっこーその本買いました。

 ちなみにその本、自分まったく読んでいません。基本的に僕の中では、その手の自己啓発本の類は、”買った”という事実が重要なのであって、それだけでなんだか素敵な大人に一歩近づけたような気になれるのです。
 そもそも本屋さんで目次読んだだけでもうすでに解ったし悟ったし。
 そう、合言葉は「ブログ療法」。
 つまりはきっと「ブログでリハビリ」。ひいては「ブログでダイエット」。そうだ、そうに違いない。ブログを頑張れば、1ヶ月で20kgくらい痩せられるに違いない。

 ちなみに今、くわえタバコでこの日記書いてます。ええ、吸ってます。どんまい。精神が落ち着きます。でもこれが最後の一本です。なぜならブログをやりはじめたから。合言葉は「ブログ療法」。わはは。草々。


【昨日のでぶろぐ】
本当はちがうんだ日記朝食: 水で我慢
昼食: 焼きソバ、そうめん、ざるうどん、のりたまごはん
夕食: 親子丼(大盛)、納豆、なんかようわからん野菜、焼酎(緑茶割り)

・半身浴1時間 (穂村 弘 『本当はちがうんだ日記』

体重: 73.2kg
体脂肪率: 26.5% (低い 標準 やや高い 高い

異臭騒動

 時はあたかも1ヶ月前。
 朝起きたら、なんか家ん中が臭うっていうか、異臭がするっていうか、むしろヒンシュクをかえりみず、あえて明言いたしますと、まぁはっきり言って家中にほんのり、うんちの臭いが立ち込めていたわけであって、「ちきしょー、また近所の放し飼いにされた犬が、ウチんとこの庭にフンしていきゃあがったな。おいっ、おめぇさん。どこかにフンがあるはずだから、ちょいと家のぐるりを見てきておくれよ」なんつったら、「へいっ!」つって威勢良く庭に飛び出しましたのは、私の従順なる下僕、ウチの弟であったのであり、部屋に戻ってくるや、「いや、別にどこにもうんちやなかったで。むしろ一番、この部屋が臭う。ってゆーか、お前。ズバリお前からうんちの臭いがする」とかって指差され、下僕の反逆。

 ここで1つ、一人の大人として、断固断っておかないといけないことがありますっていうのは、別に僕がその時、うんちを漏らしていたわけではないということ。断固。むろん家の隅々にまで行きわたるような強烈な放屁をかましたわけでもなく。断固。

 ホワイ?ほな、なんで?なんでうんちの香りがするん?
 はい。それにつきましては心当たりがありますです。

博士の異常な健康 ちょうどその前日、Amazonで注文していた水道橋博士著 『博士の異常な健康』が届き、早速読破するやいなや、多大なる感銘を受けに受け、健康開眼、即実践、第1章「髪の毛が生える秘訣、これでいいのだ!」でとにかくタバコは頭皮によくないと言われれば、ただちに自らもこれを禁じ、そのあとの「健康コラム1 ダイエット」で1日2リットルの水がダイエットに効果的と聞けば、ただちに水をがぶ飲みに飲み、第4章「未知なる肉体と対話する―ファスティング(断食)」にてファスティングによる肉体改造効果を知るにつけ、ただちに3日間の断食をば敢行。

 ってことで主に大量に摂取したミネラルウォーターのせいか、翌日からすぐさま、これまで蓄積していた老廃物が体中から染み出してきたと思われ、がんがん異臭を放出するに至った、とまぁおそらくそんな按配です。

 で。それから1ヶ月。
 僕の体は俄然健康、一切の老廃物を体に残すことなく、むしろなぜか不思議と体から、ジャスミンの素敵な香りが漂って、巷では”歩くアロマテラピー”ともっぱらの評判。
 というのはもっぱらウソで、相変わらず、というか、よもや体中の毛穴という毛穴から”すかしっぺ”が出てるんじゃないかって感じで、というのも、水飲み健康法をばりばり継続させつつも、と同時に老廃物もばりばり溜め込んでいるっていうか、すなわちやっぱ断食系の活動が上手くいかないっていうか、断食によるストレスによる暴飲暴食がもはやどうにも止まりませんって感じであり、さらにはそんなこんなでここ1ヶ月、食生活は、断食、断食、断食、バカ食い、断食、バカ食い、断食、バカ食い・・・みたいな体たらくで、二六時中ぐんぐん胸焼けがするというのはこれほんの序の口であって、近頃では、固形のものを食べると10分以内にお腹を下すという始末、日常生活もままならないほどに健康状態がイケてない状況である次第です。

 でもまぁたぶん、実は今いい感じのはずです。バカ食いさえ我慢できれば大丈夫です。たぶん今僕の体、過渡期なんですよ、不健康から健康へ移行する。そうだ。きっとそうに違いない。健康になるためなら、少々体を壊してもかまわない。健康のためなら死ねる。そんくらい今、気合入ってます。

 というのも、きたる3月10日、友人の結婚式があるのですが、1年前、別の友人の結婚式を機に買ったスーツが、今入りません。
 自分、今、体重ちょうど70kgあるのですが、そのスーツ買ったのが60kgのときでして、しかも試着のとき、お店の人の「ウェストがかなり苦しそうですね。お直ししましょう」という申し出に対し、「あ、だいじょうぶっス。自分、あと5kgヤセる予定なんで」と言ってこれを拒否。

 つまりはすなわち、僕のこのスーツときたら、体重55kg仕様のものであり、ということは3月10日にこれを着ようと思えば、3週間で15kg痩せないといけません。

 1週間で5kg。うむ。まぁ余裕っすわ。
 なぜならいま、僕の中で健康がアツいから。
 スーツ着るためにダイエット、とか、そんな低俗なことは言いません。ぶっちゃけ確かにデブ仕様のスーツを新たに購入するっていうのが絶対イヤっていうのはありますが、まぁそれはさておき、なんていうか、ダイエットのためのダイエットではなくして、あくまで健康の副産物としてのダイエット?最近オレ健康が趣味なんだけどさぁ、普通に健康やってたら自然と3週間で15kg痩せちゃったぜ、みたいな?そんなイケてる健康ゼリフを3週間後にぬかす予定です、体からジャスミンの香りさせながら。

 じゃ、ま、そゆことで。
 今日もほんのり部屋に異臭を感じますが、どんまい、どんまい。過渡期、過渡期。


【昨日のでぶろぐ】
長生きしたければ朝食は抜きなさい―体の不調を根本から改善する驚異の「甲田式健康法」とは朝食: 水
昼食: コンソメスープ
夕食: シイタケの澄まし汁、納豆

・ランニング10km
・[腹筋 20回、背筋 30回、女の子腕立て 15回] × 3セット
・半身浴1時間 (東 茂由 『長生きしたければ朝食は抜きなさい』

体重: 70.0kg
体脂肪率: 25.7% (低い 標準 やや高い 高い