HOME > 野球

球児たちの夏

 第87回全国高校野球選手権香川大会が昨日、高松市のオリーブスタジアムで開幕しました。
 そして今日、春のセンバツ大会に出場した、僕の応援している高松高校が、初戦で負けてしまいました。

 ローカルニュースでチェックしたのですが、高松高校は序盤から、春の県大会準優勝校の丸亀城西打線につかまり、時折、甲子園出場の意地をみせるも、3対7で負けたそうな。テレビで見る限り、今大会ナンバーワン左腕の呼び声高い、丸亀城西のエース藤田くんは横手からキレ味鋭い球をビシバシ投げ込んでいる様子でした。
 それにしても、ローカルニュースで、ダイジェストでさぁーっと試合の映像と試合後の選手へのインタビューが流れただけなのですが、それだけでもうなんかおっさんは泣きそうになってしまいました。球児たちの夏は、はかないなぁ。

 ここで、もう一つの高校球児の夏を紹介。
 昨日の開会式での入場行進の先導役を射止めた高松工芸高校3年の白藤僚太朗くんは、庵治町の自宅から自転車通学しながら野球部に在籍するも、2年の終わりにケガにより選手を断念、その後マネージャーとしてチームメートを支えてきたそうです。四国新聞に載ってました。

 庵治町から高松工芸高校まで自転車っつったら、1時間くらいはかかりますよ、まぁ庵治町のどこに住んでるかによって多少通学時間は前後しますけど。実際、庵治町は交通の便が悪い辺境の地なので、しんどい思いをして3年間、自転車で高校に通う庵治の子は多いのですが、それにしてもそんなしんどい思いをしてまで、マネージャーとしてチームを支えつづけたっていうのはこれ、熱い話だなぁ、と思うのです。
 そりゃ選手として表舞台に立つチャンスがあるなら、家から高校までが遠かろうが何だろうが、頑張りがいもあろうってもんですが、白藤くんは選手からマネージャーに転向したのであって、おっさんが勝手に推察するに、ケガで自分がプレーできない歯がゆい気持ち、悔しい気持ちを抑え、縁の下の力持ちに徹してチャリンコ通学しとったんやろなぁ、と思うのです。
 実際見たわけじゃないけど、昨日の白藤くんの入場行進はきっと、球児たちの中で一番輝いていたに違いない、と思うのです。

第20回町内ソフトボール大会

庵治町民グラウンド  庵治町民グラウンド改修記念と銘打って、第20回町内ソフトボール大会が、こないだ開催されました。
 まぁ町民グラウンドが改修されようがされまいが、毎年行なわれているから第20回を迎えたのでしょうが、確かに去年より、わが庵治町民グラウンドは小粋になりました。照明の数が増えたのか、ちょっぴりグラウンドが明るくなりました。あと、外野のフェンスはこれまでただの金網だったのですが、一般的な緑色のフェンスになっていました。

 とにかく僕にとってはソフトボールといえど、今年初めての野球です。無理矢理プロ野球に例えるなら、僕にとってのオープン戦ってところです。本番は、7月からの町内リーグ戦(たぶん庵治町内で20~30チームあり。それらが1部~3部リーグに分かれて戦う。僕のチームは2部リーグ所属)。

 僕は去年から庵治町内の野球に参加するようになったのですが、家から町民グラウンドまでけっこう近いので、ウォーミングアップがてらにいつも自転車で行きます。3、4分くらい。
 今年ももちろんチャリで行っちゃうぜ!とばかりに、鼻息を荒くして自転車で向かったのですが、久々の運動だったからでしょうか、町民グラウンドに着くころには、もうすでに太ももがぱんぱん。運動不足にも程があります。おっさん以上にもうおっさん。

 試合前のキャッチボールを終え、いざプレイボール。一回表の守備につくころには、もう僕はへろへろでした。自分のところにやってくるボールやってくるボール、すべて捕りそこないました。エラーの嵐。その度に僕は、「どんまいどんまい!」と心の中で自分を慰め、口先だけは「すぅいませぇーん!」と年長者ばかりのチームメートに対して謝罪の言葉を絶叫し続けました。
 そんな中、チームメートがちょっとエラーすると、なんだか安らぎますね。僕だけじゃないのよ、と心落ち着きますね。

 打つほうは打つほうで、草ソフトボールなのに僕は一球もバットの芯でボールを捕らえることができず、凡打の山を築き上げるという散々な結果。野球センスのなさを露呈してしまいました。

 平均年齢たぶん50歳くらいの我がチームにおいて、主戦力であるべき20代の僕がそんな体たらくですから、試合結果も散々でした。スコアが何対何だったか記憶するのが面倒になるほどの大差で負け(僕の感覚では20対5くらい)、僕は半泣きで家路につきました。自転車をこぐ脚は、つりそうでした。

 そんなテンパってる脚に鞭打ちつつ、7月からの町内リーグ戦に向けて僕は誓いました。明日からマラソンとダッシュと素振りと筋トレをしよう!と。

 ま、実際は次の日、筋肉痛がひどくて、マラソンもダッシュも素振りも筋トレもせんかったんスけど。どんまい。そのままずるずる今日まで一回も体動かしとらんのですけど。どんまい。明日からこそ・・・・・・、いや、明日はなんかウィークエンドやし来週からこそ・・・・・・、ま、ま、とにかくゴールデンウィーク明けからこそは絶対。たぶん。おそらく。メイビー。どんまい。

高松高校 対 三本松

オリーブスタジアム  久々に更新したかと思ったら、高高、高高って、庵治町のこと書かなくてすみません。昨日、オリーブスタジアムで春季四国地区高校野球県代表決定戦、高松-三本松を観に行ってきました。

 先の春の甲子園出場校同士の対決とあって、スタンドも混んどんやろなぁ、と焦って球場に向かったのですが、はは、なんで?空いとった。センバツで応援団最優秀賞に選出された総勢7,000人の大応援団はどこえやら。ギャラリーは両校の父兄と、偵察・見学の他校の野球部員がほとんど。僕はそんな丸坊主くんたちに混じって、おっさん、ちょっと寂しい気持ちになりながら観戦しました。

 へへーんだ。この7,000人のにわかファンどもが。僕クラスの真の野球ファンなら、高松-三本松のような好カードを見逃すなんてありえない。例え甲子園に応援に行っていなくとも。
 僕は甲子園に応援行かなかったことを絶対一生後悔せんですわ。僕は単なるミーハーファンとは一線を画す生粋のファンですから。アルプス席でわーきゃー言ってたら野球の試合自体に集中できませんからね。ちくしょー。
 ってなんか実は悔しいことを隠してただグチってるだけって感じの文章になってきましたが、も、ぜーんぜん、悔しくなんてないもん。ふーんだ。だから「ちくしょー」とかってもう書かない。ここは一つ、ちくしょー改め、そいやっ!そいやっ!はっ!いぇー!!と気合いが入って無駄にノリにノってるニュアンスの掛け声を書いておこうか。

 で、昨日の試合。
 なんつーか、あくまで素人の僕の意見ですが、正味の話、両校とも覇気がなかったように思います。もちろん選手達は本当に頑張っているのですが、プロ野球なんかの試合を観る感覚で僕なんかは観に行ってるもんですから、まぁ、ぶっちゃけ、期待してたぶん、ちょっとつまんねー試合だったというか、なんというか。
 やっぱり選手本人たちやまわりの応援が、甲子園で盛り上がったぶん、精神的にちょっと中だるみ、みたいな感じになってしまうのでしょうか。両校とも勝利に対する執念がいまいち欠けていたような気がしますです。

 それに比して、やはり甲子園での高高の試合は、それはもう盛り上がったと聞きます。甲子園に応援に行った僕の友達なんかは「鳥肌がたった」とかなんとかぬかしてけつかってやがりましたが、けっ、にわかファンが。なぜにわかファンが好ゲームを観られて、僕のような真のファンが、ちょっぴりよろしくないゲームに当たってしまうのか。ちくしょー。じゃなくて、そいやっ!そいやっ!はっ!いぇー!!

 きっとこれから夏に向けて、高高、三本松とも、また気合いが上り調子になると思います。がんばれ!高校球児たち!

高高負けたー

 我らが高松高校、負けてしまいました。宇部商に。6対2。仕事そっちのけでテレビ観戦。こんなにドキドキしながらテレビを観たのは生まれて初めてでした。

 負けはしたものの、アナウンサーの人も最後に言っていましたが、本当に笑顔笑顔で、「さわやか」な野球でした。心洗われました。勇気をありがとう、って感じでした。

 1回、2回とチャンスを活かしきれなかったのがちょっと後にひびきましたか。
 でも僕の大好きな4番森くんは、男を見せてくれました。3回1アウト満塁のチャンスにタイムリーヒット。8回にもライト前ヒット打ったのかな?カッコ良かった。

 庵治中出身、松田投手も常にブルペンで投球練習しているようでしたが、登板機会は惜しくもなかった。でも松田くんはこれから。がんばれ!
 つーか、高高ナインみんな、まだ夏がある。夏にもう一度、甲子園だ!

 高高側のアルプス席、すごかったっスね。テレビで観てても歓声が異常にデカかった。なんでもアルプス席のチケットが完売して、アルプスに入れない人は、内野自由席だったとか。
 試合が終わった直後、甲子園に行っていた友達からTELあり。その友達、興奮さめやらぬ状態で、何を言ってるんだか、ようわからん。「あんたも来とったら良かったのにー。あーあ、一生に一回のチャンス逃したぁ」
 って何を言っているのですか?高高は夏の甲子園にも出ますよ。絶対。

 うーん。それにしても悔しい。負けたぁ。だぁー。はぁー・・・・・・。
 はいっ!気持を切り替えて僕、今から働きます。ここで負けた悔しさを引きずって午後もダラダラしてたら、なんのために甲子園行きを我慢したのかわからんですから。自分、労働します!・・・・・・だはぁー負けたー。ぶふぅー・・・・・・。

高松高校のここに注目

 いよいよ明日、甲子園に我らが高松高校が登場します。高高を応援する方に、勝手に見どころを紹介したいと思います。

 このブログでも何度も触れていますが、なんといってもこのチームの特徴は、ほぼ全員がランナーの有無に関わらず、バスター打法ってことです。確か僕の記憶ではピッチャーの田窪くんだけバスターではなかったと思います。イチローっぽい左打ち。デッドボールとか万一の危険に備えてでしょうか。
 バスターというのはバントの構えから打ちに転ずる技です。ほぼ全員がバスター、っていうだけで、もう話題性は十分だと思います。相手守備をうまくかき乱して勝利を重ねていけば、間違いなく高高旋風が巻き起こるでしょう。

この選手に注目!(かなり個人的な視点)
<4番ファースト 森くん>
 現高高野球部で僕が一番好きな選手です。165センチと小柄ながらも、あれほど威圧感のあるバスターができる選手はそうはいまい。
 すごく華のある選手です。県大会の打点は11。とにかく勝負強い。なんでも高高で野球をするために中学浪人したそうな。かれの勝負強さはそんな精神力の強さからくるのではないでしょうか。四国大会には骨折しているのに出場していましたしね。熱い。カッコええ。

<ピッチャー 田窪くん>
 先日、オリーブスタジアムでのOB戦に、4人の投手が登板したのですが、やはり田窪くんがダントツで安定感があるなと思いました。さすがはエース。新聞なんかではMAX126キロと書かれていますが、オリーブスタジアムのバックネット裏でスコアブックをつけてるマネージャーさんに質問したところ、調子のいいときは130キロ代出るそう。
 僕が観に行った公式戦では、毎回のようにピンチをまねくのですが、なにげに最後はきっちり0点に抑える、って感じの内容でした。それは田窪くんの実力がもう一つってことでは決してなく、とにかく最後だけぴしっと0点に抑えときゃいいや、という哲学が彼にはあるのではなかろうか。少々ピンチをまねこうが、計算どおり、みたいな。

<キャッチャー 溝渕くん>
 昨春、外野手から捕手にコンバートされたそうです。キャッチャーっていうポジションは、一朝一夕でできるポジションではないのに、あれだけキャッチャーがさまになってるってことは、かなり運動能力が高いのではないでしょうか。
 そしてなにより、イケメン。高高旋風が巻き起こった暁には、彼が一番、キャーキャー言われそうな気がします。

<マネージャー 市原さん>
 オリーブスタジアムでスコアをつけている彼女に、僕は選手のことに関して質問攻め。おかげさまで僕は高高マニア度を高めることができました。忙しかったであろうに、すごく丁寧に、そして的確な答えを頂きました。あとで新聞を見てしったのですが、ソフトボールの経験者だそうで、あの的確な返答に納得。すごく感じのいいお嬢さん。

<ピッチャー 松田くん>
 庵治町民として、彼に注目しないわけにはいかないでしょう。庵治中学出身。左投げ。新2年生。OB戦にも登板しました。フィールディングとか、まだまだ新3年生たちにはかないませんが、とにかく投球フォームがすごくきれい。一緒に観戦していた友達と、「彼、いいね!」を連発。甲子園での登板の可能性は少ないかもしれませんが、将来は有望。

 てゆーかまだまだ書きたい選手はいるのですが、まぁとにかく、おっさんの戯言は置いといて。
 がんばれ!高高ナイン!ってことで。