HOME > 庵治町での生活

第3回 高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI 結果報告

スタート前、天気は雨 どもども。
 本日、第3回 高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI 走ってきました。地元住民らしく、ぶらっとチャリで会場に向かいました。

 っていうか、どうでもええんですけど、ブログを始めて丸4年。その日のうちにその日の出来事をブログに書く、ってこれ、自分にとっては実に初めてのことのような気がいたします。
 いやぁー、自分もついに一人前のブロガーになったっていうか。石の上にも三年っていうか。男子三日会わざれば刮目して見よっていうか。(意味不明)

 あ、そーいや僕のステキな友人から、いまだにあなたのブログ、私のパソコンからはコメントが投稿できませんよ、といった旨のお便りを頂戴しました。ありがとうございます。すみません。
 原因究明に乗り出すのは、また僕が気が向いたときですが(ほんますみません)、僕のメルアドをご存知の方で、おれっちもコメントなんてできやしねぇよ、等、何かお気づきの点がありましたら、どしどしエラー情報をメールして頂けると幸いです。勉強になりますので。図々しいのですが。よろしくどうぞ。


 で。
 今日のマラソンの結果は次のとおりです。ってゆーか、去年ブログで思いっきり順位とかタイムとか書いたのですが、そうすると、ひいては自分の個人情報がけっこーだだ漏れやん、ってことに今日気づきました。
 やっぱそこはほら、ボクってもう一人前のブロガーじゃないですかあ?ブログのコメント機能あやしいけど。なんつーか、プライバシー?ポリシー?ようわからんけど、そのへんおれってシビアだぜ?みたいな?去年は思いっきり順位もタイムも載せたけど。男子三日会わざれば刮目して見よ!(意味不明)

 まあようは、あれですよ。個人的に、記録的に、今回はかなり不満が残るっていう。もっと自分自身にこっそり期待しとったっていう。

 はい。で。今年は。

 成年男子12kmの部(282人)
 記録:1時間10分台前半

って感じです。
 タイムは去年より10分以上縮まったのですが、順位は10番以上さがりました。参加者は去年より60~70人くらい増えとるっぽいですけど。

 一応今年の目標は、「歩かない」および「ケガをしない」だったので、それはちゃんとクリアしたものの、なんていうか、「そんなぬるいことを言いつつ、いざフタを開けてみれば、実はかなりできる男な俺」みたいな「俺」をどこかで期待していなかったわけでもなく、つーかむしろ、ゆーても1時間は余裕で切れるんちゃん、だって俺、エアロビ頑張っじょるし、みたいに思っていたところもこれ十分にあるのであり、いかんなあー。あいしくじったなあー。男子たるものもっと心の底から謙虚な男でなくてはならんかったなあー。奥さん、エアロビだけじゃやっぱ、マラソンは速くならんみたいです。

 などと、さっき部屋で一人、反省しながら哀しいビールを飲みました。
 ええ。ビール。飲みました。
 そら飲むでしょ!ええ年のおっさんが必死で12kmも走った後なんやし!誰に頼まれて走ったってわけでもないですけど!
 いかんなあー。

 とりあえず、タイムは去年より10分以上縮まったということで、老化に逆らって去年より健康体になったのだ。ナイス・アンチエイジング、俺。と自分を無理矢理ほめながら、今日これから今度は哀しくないビールを飲みたいと思います。


【昨日のでぶろぐ】
動物のお医者さん (第1巻) (白泉社文庫)
・半身浴30分 (佐々木 倫子 『動物のお医者さん』

体重: はかるんわすれた
体脂肪率: はかるんわすれた

とりあえず、第3回 高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI 走りますんで。

リニューアル後 まいど。
 更新が滞っております。2ヶ月半ぶりの更新です。
 この2ヶ月半、いったい何をやっていたかというと自分、リバウンドしていました。バスケのほうじゃないよ。脂肪のほうです。つってもそんな痩せてもなかったんですけど。

 エアロビのお稽古に通いだしてはや半年以上が過ぎまして、相変わらずコンスタントに楽しくお稽古に精を出しておるのですが、まぁなんせ消費量をはるかに超えるカロリーを摂取している次第です。
 どんまいです。

 あ、あと、何気に密かにブログをリニューアルしました。
 外見はぜんぜん変わってないのですが、中身はときたらもう、それはそれはもう、がんがんです。

 というのもリニューアル前は、めずらしく気が向いて日記書こうとしたら管理画面の最初のログイン画面からしてすでにウンともスンとも動かず、もうぼく寝る、っつって半泣きになって酒飲んでふて寝をする、なんてなこともこれままあり、あるいは有り難いことに日記にコメントをいただき、そのお返事のコメントを書いて「投稿」ボタンをクリックしたらこれまたウンともスンともならんので10回くらい投稿ボタンを連打してみてもやっぱり動かんので、もうぼく寝る、っつって半泣きになって酒飲んでふて寝をしたら、次の日じぶんのおんなじコメントが10件アップされている等、まったくもってブログシステムが末期状態を超越したような体たらくだったのですが、その辺のシステムっぽいところを、自分でもイマイチよう分かってないものの、がんがんにいじくってやりました。

 もうね、めっちゃさくさく動くようになりました。たぶん。

 というのも。
 おっけい、細かいバグを日々こつこつ修正しつつ、今日から毎日ブログ更新するぜ、と思ったのは、いまから1ヶ月以上前のことです。ここ1ヶ月、てんでブログに触っておりません。
 リニューアルを機に毎日ブログを更新しようと決意して、もはや1ヶ月以上が経つわけです。もう一体全体なにを機にブログを活性化したらよいのやら、ぼくには皆目見当がつきません。
 どんまいです。


マラソンコース ということで(?)、とりあえず第3回 高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI に出場いたします。きたる2008年10月26日(日)。もちろん12kmコース

 ちなみに去年のレース日記はこちら
成年男子12kmの部(214人)
176位
記録:1時間24分05秒


 経験上、レースの半分以上を歩き倒しても、どべっちょにはならんっていうことは熟知しております。精神的に今年はかなり余裕ぶっこいてます。
 しかもおれほら、エアロビのお稽古しよるし?なんとなれば今年はびゅんびゅん走り倒して1時間切るくらいのタイム叩き出してしまうんちゃう?

 とかなんとかいいつつ、今週あたま、ものすごアセってきて夜ひとりでこっそり本気で練習してみました。
 1時間で、たぶん10kmくらいを走りとおせました。

 いける!思いました。おれやっぱ今年いける!思いました。エアロビ効果めっちゃ出とる!

 と思ったのもつかの間、翌日階段を下りるのもままならないほど筋肉痛だった、などというのはこれ当然のこととして、っていうか本番がこの日曜日で、今日がもう何曜っすか?え!?今日もう金曜!?ええ、ええ。今日がもう金曜日なわけでして、本日をもってしても、その筋肉痛がぜんぜん治っておりません。っていうか、筋肉痛というよりはむしろ、両ふとももに違和感?もっと言うたら、両ふとももにシコリがあるような感じ?ミステイク。びびって調整失敗したかも。
 どんまいです。

 今年のレースの目標は、
「歩かない」および「ケガをしない」

 以上。
 とにかくほどよく頑張ってきます。


【昨日のでぶろぐ】
赤めだか
・両足の違和感により、エアロビ休む
・半身浴30分 (立川 談春 『赤めだか』

体重: 74.2 kg
体脂肪率: 24.4% (低い 標準 やや高い 高い)

帰りてーってなって思い出しました

ジャージを裏返したとこ
 まいど。更新が滞っております。

 昨日、庵治町ソフトボール大会に行ってきました。1年ぶりの野球。野球っつってもまぁソフトボールなんですけど。

 試合ではなんとなくなりゆきで、ショートを守ってみたのだけれども、守備機会が6回くらいあって、自分、全部エラーしました。もうね、来る打球、来る打球、ことごとく捕れんの。完全にドツボにはまった状態であった次第でして、わあーい、やっとボールがグローブに入ったー、って思って一塁に投げたらそれが大暴投、何気にそんときはツーアウト満塁の大ピンチで、相手チームの大逆転劇を不本意にも演出して差し上げる始末。

 もうほんま、グランドに居場所がないですよ。おれもう家に帰りてー、ってずっと思うてました。はよ帰ってビール飲みてー、って思うてました。

 そんなこんなで集中力が完全に試合から現実逃避、ショートのポジションから、夜空に流れるくもり雲を見上げながら、あ、そういやおれ、最近ブログ書いとらんなあー、って思い出しました。


 ここ最近、ブログを忘れて何をやっていたかというと自分、エアロビに夢中でした。
 フィットネスクラブに入会してみたん。

 昔とんねるずの生ダラで、確か「エアロビ対決」みたいな企画があって、そんとき木梨憲武のエアロビが、シュッとしてかつ柔らかくて、なんかカッコよかったん。いつかおれもやってみたい、って密かに思いよったん。ほんで去年くらいから、藤崎マーケット見ながら、絶対こいつらよりおれのほうがキレあるわ、って思いよったん。

 でもほんでいざ入会して、エアロビ初日、ほんま自分、愕然としましたです。
 スタジオの大きな鏡に映し出される、おれ。これが、おれ?小汚いジャージ、タオル鉢巻、中学のとき使っていた体育館シューズ(かかとにマジックで名前あり)の、肥えとるおっさん。なんかそのおっさんが、へどもど動いていました。

 なにがシュッとしてかつ柔らかくや。なにが木梨や。なめんな。人生なめんな。藤崎マーケットどころか、むしろパパイヤ鈴木とおやじダンサーズのギャグ担当みたいになっとるやん。

 ごねたらまだ入会金、ぎり返してもらえるんちゃうか?

 でも負けたらいかん思いました。おれここで逃げたらいかん思いました。

「おい!ちょっと補助してくれ!」とかって言ってくる、いっつもウェイトトレーニングしとるおっさんが、スタジオの外から僕のエアロビ姿をみて、文字通り腹を抱えて大爆笑していましたが、僕は負けなかった。
 そのおっさんに、「おう!今日はもう、踊り終わったんか!?」とにやにや笑いで声をかけられようとも、僕は負けなかった。

 僕はへどもど動きのまま強引に、2ヶ月で上級者クラスを受けるようになりました。

 でもね、こないだインストラクターさんに、「ウチくる前にも、他のジムでエアロやってたんですか?え?はじめてなんですか?すごいですね!」って言われたんやあー。まぁあの方たちも客商売。冷静に考えたら”お世辞”なんやろけど。事実それが嬉しくておれ、そのインストラクターさんのレッスン受けるようになったし。

 でも最近ではおばちゃんに、「お兄ちゃん、エアロビうまあなったのー」って声かけられたり、また別のおばちゃんには、「お兄ちゃん、いまんとこのステップわからんかったけん、教えて」と言われて、「あー、いまんとこはの、いち、にー、さん、しー、うん、うん、ぱぱぱっ、ひだり、ひだり、みたいな感じじゃわ」とかって独自のリズム感を展開、調子にのってます。


 とかなんとか、最近はけっこー身体を動かしていたので、昨日の庵治町ソフトボール大会でも、鬼のような活躍を自分自身に期待していたのだけれども、も、ぜーんぜん。おわっとった。

 そしてあぶなかった。
 おれ最近エアロビで鍛えとるけん、今年の庵治町リーグでおれ間違いなくブレークすると思うわ!なんなら今年はピッチャーしてやってもええけど?って試合前に口がすべりそうになったのを、そこは大人としてぐっと堪えていたのが、せめてもの救いです。

 試合から帰って、風呂上がってポテチ食いながらビールがぶ飲みに飲んで、酔っ払ってわけわからんようになって夜中に一人でペペロンチーノ作ってそれをおかずにのりたまごはんをどんぶり飯で食う、というのがいつものパターンでしたが、風呂から上がっておとなしく寝たあたりが、若干自分の成長したところではあると思う。


 あ、あとちなみに、上に載せとる写真。
 でぶったままエアロビで激しく動いとったら、ジャージの尻の部分が破けました。
 スーツとかならまだしも、伸縮性に優れ運動のために作られたはずであるところのジャージの尻が破けるって、ありえなくね?
 昨日、ソフトボールいったらどうせ服汚れるし、思うて、出発前にそのジャージを自分で裁縫してそれはいて行きました。

 独身でぶは哀しい。


【昨日のでぶろぐ】
熊の場所 (講談社文庫)朝食: プロテイン(ココア味)
昼食: カレー雑炊(てきとー)
夕食: ねぎとろ丼

・庵治町ソフトボール大会出場
・半身浴30分 (舞城 王太郎 『熊の場所』

体重: 73.0 kg
体脂肪率: 26.1% (低い 標準 やや高い 高い

マラソン企画倒れ

 まいど。更新が滞っております。約1ヶ月半ぶりの更新です。

 9月に「第2回高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI」への参戦を表明し、それに向けてのトレーニング及びダイエット、さらにはブログの更新を、ぽちぽちと自分なりに一瞬頑張っていたわけでありますが、そんなブログ更新が途絶えて早1ヶ月半。

 皆様にはすでにお察し頂けているかと存じますが、わたくしこの度のマラソンを、ばっくれ致しました。

 というのはうそで、ちゃんと走りましたよ。
 けっこー直前まで出場するかどうか悩みましたけどね。
 というのも、不安要素として、やっぱあまりにトレーニング不足っていうのがありまして。

 安易な思いつきで最長距離の12km部門に申し込んだものの、この”ほぼ準備なし状態”で果たして走りきれるのだろうか、と。制限時間は2時間ということで、ぜんぶ歩いたって大丈夫やろ、と気軽に申し込んだものの、いやいやいやいや、そんなゆうてダントツの最下位やったらどうする?と。むっさ恥ずかしいことになるんちゃうん?と。つまりはトレーニング不足の不安から、過剰な自意識が発生したわけでございます。

 だもんで自分、本番の2週間くらい前に1度、実際のコースを走ってみましたですよ。本番出てもええもんか、自分の実力を見極めようと。
 そこへいくとやはりこれ地元庵治町でのマラソン大会ということで、大体のコース・折り返し地点などは、なんとなくわかっているものでして、で、実際2週間くらい前に走ってみたら、それはそれはもう、どえらいことになりました。

マラソンコース ぱっと見、地図では海岸沿いの穏やかなコース、みたいな雰囲気をかもし出しておりますが、のんのんのん。甘いよ。
 そりゃ確かにビーチ沿いの平坦な道も走るっちゃあ走るのですが、コースの半分くらいは峠、峠の連続です。激しいアップダウンのオンパレードです。

 1時間50分かかりました。
 ギャグ抜きで道端にゲロ吐きそうになりました。

 こらほんま話にならんのとちゃうんか?と、おおいに焦り、その後ネットで過去の庵治マラソンのレース記録を調べ倒したところ、最下位集団に食い込むには1km:7分のペースで走らないといけない、と推察するに至りました。
 おれ、12km:1時間50分。
 すなわち1km:9分強。
 はい、ブー。論外。

 でもね。せっかくなんで、やっぱどうせなら本番出たい、っていう思いが強くなってまいりまして、だもんで自分、本番1週間前に、もう1回テストランをしてみました。も、本気の本気、ゲロ吐いてもいいから死ぬ気で自分を直前テストしてみようと。

 そしたらですね。12km:1時間21分でしたよ。
 わはは。へいへい。1km:7分切ってもーたやんか。わはは。走るたびに進化する男、それが俺。へいへーい。

 つーことで、去る10月28日(日)朝、ダントツ最下位の恐怖から開放されたわたくしめは、意気揚々とマラソン大会会場であるところの旧庵治町役場へ向かったわけであります、ママチャリで。

 で。
 会場で受付をすませて。
 レース直前にして、再びわたくし、とんでもない恐怖に見舞われました。

 ゼッケンと一緒にパンフレットももらったのですが、その中にコースの地図が掲載されていて、「12km折り返し点/篠尾」とありました。
 なんとなく噂で「折り返し地点は鎌野」と聞いたことがあって、そのあやふやな記憶を安直に信じて僕は鎌野までが12kmと思ってテストランしていたのであり、くわぁー、地元住民であることがアダとなったー、ヘタこいたー、と顔から血の気が引く思いで何度も何度も、さらにはいろんな角度からその地図をなめまわすように見てみたのだけれども、どう少なく見積もっても、僕は練習でたぶん本番の1.5km以上は手前で折り返していたと思われ、っつーことは何ですか?12km:1時間21分と思っていた自己記録は、実は9km:1時間21分だったわけであり、げ!おれ、ゲロ覚悟の本気の本気ペースが1km:9分やんけ。うわっちゃー。まじヘタこいたー。っていうかまじもう帰りてぇー。自分やっぱやめます、っつって受付にゼッケン返すか?そんなん市民マラソン界の常識ではありなんか?

 って感じで極度のパニック状態に陥った次第なわけでございますが、ま、ま。まずは落ち着け、おれ。ってんで、みんながストレッチ・ジョギング等熱心にウォーミングアップをしている中、自分はふるふるする手でタバコに火をつけるという、レース前のランナーにはあるまじき暴挙に出たのですが、そもそも僕のような最低レベルの出場者になると、ウォーミングアップをすればするほど疲れるわけであり本番用の体力を消費してしまうことになるわけですが、とにもかくにもこのタバコをふかして落ち着くというのが案外功を奏したっていうのは、よくよくそうやってゆっくり周りを見渡すに、ばりばりジョギングをしているシュッとした人が大半ではあるのだけれども、ごくまれに、「おれ頑張ったらあの人には勝てるかもしれん」と、僕に勇気を与えてくれる、明らかに僕くらい走り慣れていない風情の出場者もちらほらいるのであり、やはり同じレベルのランナーとして、なんかこう運動不足のヤツはニオイでわかるっていうか、そのなによりの証拠として、やはりそういうニオイのする出場者は、ウォーミングアップをしていないのである。疲れるからである。

 ありがとう。走る勇気をありがとう。ともにシレツな最下位争いを演じましょう。

マラソンでの様子  って感じで、なんとかかんとかスタート地点に立ったわけでございますが、いざスタートしてみると、その日は結構気候もあたたかく、よくよく考えてみると僕が練習で走るのはいつも夜で、ぽかぽかの日光を浴びながら走るのと、肌寒い夜中に走るのとではこれ全く勝手が違っていて、めちゃくちゃのどは渇くしで、もうなんとなれば、ペースとかそういうしゃらくさいことを言っている場合ではなく、もうとにかくなりふりかまわず必死でやるだけでした。

 平坦な道ではよちよち走り、上り坂という上り坂は全部歩き倒して、逆に下り坂はスピードをコントロールする筋力がなくてナチュラル猛ダッシュ。もう全然ペースもくそもなく、さらには給水ポイント全てで立ち止まって水を2杯ずつがぶ飲みする始末。

 まぁそもそもペースとかってナマ言うたところで、みんなが使っとるなんかプロっぽい時計じゃなくて、ズボンのポッケにぼし込んだケータイの時計見るだけやし。ケータイにはカメラも付いとるし、とっても便利(←?)。

 とまぁ、そんな一見なめきった感じのランナーではありましたが、実際はもう本気の本気の大本気で頑張りまして、結果は下記の通りでございます。

成年男子12kmの部(214人)
176位
記録:1時間24分05秒

(結果的にはちょうど1km:7分ペースでした)

ママチャリで帰る ちなみにゴール後、家までママチャリで帰るのが何気にものすごくしんどかったのだけれども、もうそこはですね、”ビール”ですよ。合言葉は”ビール”。
 「び・い・る!び・い・る!」のリズムでペダルをこぎにこぎ、瀕死の状態でようよう家に到着、シャワー後に飲んだ一杯ときたら、それはそれはもう。なかなかの達成感を味わうことができました。

 あ、あと9月に立てた目標であるところの「53kgのおれになってスタートラインに立つ」というのは、もちろん企画倒れに終わりました。
 マラソン大会当日の朝の体重が74.0kgで、ゴール後家に帰ってすぐに体重計に乗ったら72.8kgで、ぶわはは、やっぱ12kmはダテじゃねぇ、っつってシャワーしてビールがぶ飲みに飲みながら唐揚げとかのりたまごはんとかポテチとかUFOとか食って寝て起きたら、体重が75.2kgになっていました。

 1時間24分の激闘は、いったいなんだったのか。

 ばか食いのばかばかしさを改めて認識いたしました次第でして、それ以来、深夜のばか食いを我慢できるようになったよ。


【昨日のでぶろぐ】
走ることについて語るときに僕の語ること朝食: 水
昼食: 牛丼ぞうすい(我流)
夕食: なし

・ジョギング たぶん7km、約1時間10分。
・半身浴1時間 (村上 春樹 『走ることについて語るときに僕の語ること』
・造顔マッサージ(我流)

体重: 72.2kg
体脂肪率: 27.6% (低い 標準 やや高い 高い

野に咲く花のように

いつまでもデブと思うなよ (新潮新書 227) 10月末の「高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI」にアタックするということは、さきの日記で申し上げたとおりですが、まずはウォーキングからと称して夜な夜な庵治町中を徘徊しているにもかかわらず、タイムもぱっとしなければ体重も一向に落ちない、という、出ばなからしてすでに停滞期をむかえている次第でして、っていうか、あら?むしろ体重増えとらん?みたいな、まったくもって過酷な状況が続いている始末であり、そういった、一進一退どころか2歩進んでは3歩下がるという世知辛い現実から目をそむけるべく、昨日家の中で、あえてでかい声で下記のとおりつぶやいてみました。

「いやー、順調に痩せてきよるし、そろそろマラソン大会本番のときの体の寸に合わせたランニングウェア買いに行かないかんわ!やっぱサイズはSサイズかの!」

 それを聞いた弟がぼそりと言いました。

白のランニングシャツに、ベージュのハーフパンツでええやろ」

 とりあえず、
「そ、そうなんだな。お、お、おにぎりも持っていかないとダメなんだな」
と答えておきました。

 まぁなんてゆーか、男子たるもの不言実行。男は黙って、背中と結果で語るべし。
 だもんで自分、昨日はそれから、蛍光ペンを握りしめ黙々と
岡田斗司夫 『いつまでもデブと思うなよ』
を熟読しました。

 そしたらまた弟が僕の読んでいる本のタイトルを見て、「はん。また無駄な買いもんしやがって」と鼻で笑っていましたが、けっ。いつまでもデブと思うなよ。今後のおれを刮目して見よ。男子たるもの不言実行。野に咲く花のように、黙ってやるべし。

 とかなんとか。なのにこうやってブログでぎゃあぎゃあ言うとるわけですが。どんまい。


【昨日のでぶろぐ】
和田の130キロ台はなぜ打たれないのか (講談社現代新書)朝食: 水
昼食: 水
夕食: なんかの肉料理
深夜: 一平ちゃん、のりたまごはん、焼酎がぶ飲み

・ウォーキングは休みの日
・半身浴30分 (佐野 真 『和田の130キロ台はなぜ打ちにくいか』
・造顔マッサージ(我流)
・顔面ヨガ(我流)

体重: 75.4kg
体脂肪率: 25.8% (低い 標準 やや高い 高い

「第2回高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI」 まで あと34日