HOME > 高高vs済美

高高vs済美

高高vs済美  昨日行ってしまいました、高知市営球場。秋季四国地区高校野球大会、高松-済美戦を観に。
 わざわざ高速使って高知まで。はっきり言ってオタク。高校野球オタク。ええやん、ええやん。なかなか済美を生で観られるもんじゃないし、高高ファンとしては当たり前田のクラッカーっすよ。(おっさん)

 高知市営球場に到着すると、球場のとなりの小さなグランドのほうで、済美がウォーミングアップのキャッチボールをしていました。済美のエース福井くんを発見。あっ、あれ福井くんやん、テレビで見たけん顔知っとんや、へへん、わー、ぎゃー、って早くもミーハー全開。オタク満開。
 ただのキャッチボールなのですが、僕は既にビビってました。けっこう離れた距離であるにもかかわらず、ボールが弧をえがかないんです。ビシィッと一直線で相手のミットに突き刺さってました。こんなん、高高、打てるん?僕のミーハー気分が落ち着いてきたかわりに、試合にならんのとちがうか?という不安がふくらんできました。

 で、試合。
 まずは高高の攻撃、やっぱり高高の打者は福井くんの速球についていけず、差し込まれてどんづまりのぼてぼてゴロ。スライダーは切れに切れ、高高の打者はスライダーを投げられると一瞬体がのけぞってしまいます。たぶん実際打席に立つと、ボールがこっちに向かってくるように感じるのではないでしょうか。でもギュン!ってボールは曲がって、ストラーイク!みたいな。
 正直僕、こらぁあかんわ、と思いました。

 そして一回裏、済美の攻撃。いきなり先頭打者をフォアボールで歩かせ、なんやかんやで三塁までランナーが進みました。初回からピンチ。でもなんとか0点に抑えました。相変わらず高高守備はハラハラドキドキを提供してくれます。って、ん?待って待って。0点に抑えてもーた。あれ?もしかして、そんな無茶苦茶な試合にはならんのとちゃう?

 そんな僕の消極的な期待は、回をおうごとに、え?これいけるんちゃう?ミラクル起きるんちゃう?という積極的なものにかわっていきました。ごめんよ、高高。自称「高高ファン」のくせにおっさん、君たちのことなんにもわかってなかったよ。君たちはすげーよ。君たちは熱いよ。カッコいいよ。
 高高打線はほんと徐々にではありますが、済美のエース福井くんに慣れはじめ、この試合の初ヒットはなんと高高。一方守備では、3回に犠牲フライで1点を許すものの、4回までヒットは打たれていませんでした。4回終わった時点で0対1、その差たったの1点。うわぁ!これいけるわ!と僕、大興奮。

 でも5回裏。済美の攻撃。2アウト満塁のピンチを高高は迎えてしまいました。そして2点タイムリーヒットを浴びる。0対3。次のバッターは7番ピッチャー福井くん。甲子園では9番バッターでしたが、打撃センスは抜群でした。しかし3点差ならおそらく高高の「逆転勝利」圏内。なんとか3点差で食い止めたい。
 高高エース田窪くんが投じたカーブ(シンカー?)にバッター福井くんは体勢を崩しながらもジャストミート。レフトに向かってライナーが飛んでいきました。やられた!と思った瞬間、サード稲毛くんが左斜め上方に横っ飛び、みごとなダイビングキャッチをかましてくれました。ううぉぉぉぉぉ!ナイスサード!ナイス稲毛くん!3点差?はぁ?ミラクル圏内じゃ、ぼけぇ!このファインプレーで完全に流れはこっちに来たでぇ!

 後半の高高の攻撃、やっぱりヒットはほとんど出ませんが、それでもいつものバスターの構えから、セーフティバントを試みる、など何とかしよう、という心意気は痛いほど伝わってきます。フォアボールなどで、塁には出るのですがしかし、ヒットエンドランや三塁盗塁が失敗したりなど、いまいちチャンスをものにできませんした。
 8回表、1アウト一、三塁のチャンスに、なんとか一矢報いようとスクイズを試みますが、三塁ランナーがホームでタッチアウト。

 そしてその裏。田窪くんのクセ球を見極めたのか、済美打線が本領発揮。疲れの見える田窪くんをぼこぼこに攻め、最後は済美の5番キャッチャー西田くんにレフトスタンドへのホームランを浴び、ゲームセット。0対8のコールドゲーム。

 終わってみれば8回コールド。やはり実力の差はデカかったわけですが、いや、それでもナイスゲームでした。コールドゲームにナイスもくそもないかもしれませんが、いや、でもほんまおもろい試合でした。高知までわざわざ行って良かったです。もし行かずに新聞で結果だけ見てたら、やっぱコールドかぁ、だけで終わってたと思うんで。

 新聞といえば今朝の四国新聞に高高の4番森くんのことが書いてありました。
 2週間前の県大会決勝で、気づいたらなんかファーストの森くんが足を引きずっていて、歩くのもままならないような感じでした。で、昨日の済美戦では、けっこう動けているものの、本来打席で付けるはずのレガースを守備のときも足に付けたままなので、ケガが完治してないけど頑張って試合出とんやなぁ、と思っていたら、なんと四国新聞に
「打線も必死に揺さぶりをかけ、何度も得点機をつかんだが、『最後の一本を打たせてもらえなかった』。左足骨折をおして出場した4番森は悔しさをにじませた。」
とあります。
 は?骨折?骨折してて普通出るか?試合に。個人的には高校球児がケガをおして試合に出ることに対して、選手の将来とかどーなんスか?大丈夫なんスか?と思ったりもしますが、それにしても、どえらい気合です。森くん、あんたすげーよ。
 草野球の試合途中で、まだ20代のくせに、「もうしんどいけん、誰か交代して」と言っている自分が恥ずかしくなりました。今日から走ろ。体鍛えよ。でもまぁ今日はもう遅いけん、明日から。

Comments (3)

That’s what we’ve all been waiting for! Great poigsnt!

Pardon me for pointing out a simple and obvious way for Skalman and his wife to have a third, fourth, fifth child, and so on. They need only quit working and join the ranks of the welfare parasites. Admittedly, this might be easier for them if they were non-white. That certainly seems to be true here in America, but I wouldn’t bother to get out of bed in the morning if the government took 70% of my meager salary. That’s why socialism never works.

Thought it wouldn’t to give it a shot. I was right.

Comment Form

(必須)

(必須) ※公開はされません。

(Webサイトをお持ちの方)

Trackbacks (0)