HOME > They say it was in Aji.

They say it was in Aji.

庵治町の写真

や。どうも。
今朝の早朝ジョギング中、道路の真ん中をスキップするカラスに追い抜かれてしまったぼくです。

早朝ジョギングを始めて1ヵ月。
スピード、距離は本気で全然たいしたことないものの、割と長い時間を走ったり歩いたりできるようになりました。

先週末など、未明から庵治町の山とかをよらよら徘徊しまわった時間は、ちょうど4時間。
なぜ4時間もよらよらしていたのか。
なぜならそれだけ体力がついてきたから、というわけでもなく、4時間かからざるを得なかったというか、要は普通に、迷子になっていたんですね、地元で。
半泣きでした。


とにもかくにも、段々長い時間走ったり歩いたりできるようになるにつれて、徐々に装備もかさばってきたというのは、まずはやっぱ、帽子をかぶるようになりました、日焼け対策として。
あと、水分。ちゃんとした市民ランナーの人は、この水分問題をどうしているのかよく分からないのですが、もうなんとなれば自分などは、首から水筒をさげています。
それに自分、極度の汗かきで、2時間もよちよち走ったら、首タオルが20回くらい汗をしぼれるようになってしまったので、予備のタオルを2、3枚。
で、その予備のタオルを携帯するのに、イマイチ手ごろな入れ物がなく、押入れから引っぱり出してきた、高校時代通学に使っていた「なんちゃってバックパック」みたいなリュックサックを背負うことに。

と、ここでふと先日徘徊中、カーブミラーに映った自分の姿を見てぎょっとなったっていうのは、上から、帽子・首タオルおよび首からさげた水筒・リュックサック・半ズボンと、何やら遠足スタイルというか、むしろ遠足のコスプレをしているおっさん、もしこれで白のハイソックスを履いていようものなら『8時だョ!全員集合』のコントで子どもを演じる志村けんのような恰好をしていることに気づいたから。
カーブミラーに映る自分に向かって思わず、「志村ぁー!後ろ後ろぉー!」と叫びそうになりました。

そういえばジョギング中にすれ違う、ウォーキング中の老夫婦、畑仕事をするおじさん、犬を散歩させるおじいちゃん、市民ランナー、超速い自転車で疾走するお兄さん等に、いつもかなりジロジロ見られているような気がするのですが、気のせいでしょうか?

庵治町の写真

とかなんとか、えらいブサイクなランナーではありますが、ブサイクはブサイクなりに、まぁなんとか今のところジョギングが続いている次第でして、で、「飽き」とかが来ないように、日曜日走るときなんかは、ジョギングコースの新規開拓を試みているわけで。

ある日曜日なんかは、海岸沿いを走っていてふと横の山を見上げ、「あれ?もしかしてこの山越えたら、いきなりウチの自宅界隈にたどり着いたりするんちゃん!」と、自分の第六感がスパーク。
海岸沿いの道路から、山に向かう道に入り、ずんずんずんずん登っていったら、へい、行き止まりやし。
ちょっとだけ引き返し、また別の上り坂をチョイス、ずんずん行ったら、へい、また行き止まりやし。
そうやって、ちょっと引き返しては別の上りをずんずん、行き止まってうくく。引き返してはずんずん、うくく。を繰り返し、精神が異常に疲弊、「もお!おれの第六感のバカあ!」と自分の右脳の不甲斐なさを呪いつつ、また別の上り坂をずんずんしていたら、なんだかモヤモヤと霧みたいなのが立ち込める、若干神秘的な感じのする場所に出た。
なんやここは。
森?
桃源郷?

とにもかくにも、これは明らかに吉兆やろ。
この桃源郷を抜ければ、我が家があるに違いない。
と確信に満ちた足取りでずんずん行ったら、へい、行き止まりやし。

この瞬間刹那、「もうボク、家に電話してお母さんに車で迎えに来てもらう!」と衝動的にケータイを手にしたのだけれども、幸か不幸か、アンテナが圏外でした。
やっぱり自力で帰ろうと、思い直しました。

自力で帰るには結局、元の海岸沿いの道路まで戻るしか選択の余地はなく、半泣き状態で道を下っていたら、捨てる神あれば、拾う神あり。
民家がわりとある辺りまで下りてきたら、道路脇のその一つの庭で、洗濯物を干しているおばさんがいた。

ここは一番、勇気を振り絞って、
「すいません、ウチまでどやって帰ったらえっすか?」
と、一か八かで我が家までの最短の帰路を聞いてみようと思ったのだけれども、おばさんに近づいていって判明したのは、そのおばさんと思っていた人は、実はまだまだ余裕で二十代と思しきかなり若い奥さんで、まぁ奥さんなのかその家の娘さんなのかは分からないのだけれども、とにかく若くて、さらに下世話なことを申しますと、はっきり言ってその奥さんがえらい可愛い奥さんで、ひるがえってみるに自分はというと、志村スタイル。
リアルに変なおじさん。
完全に心がひるんで、そちらの民家を素通りするに至りました。

庵治町の写真

かなんかゆーてますけど、そうやって知らん道をあえてうろちょろしているもう一つの理由として、以前ウチの弟が友だちと庵治町内で犬の散歩をしていて、その時も山とか知らん道をずんずんテキトーに行っていたらしいのだけれども、
「牛を放牧している草原に出たことがある。その雄大な風景は、とても庵治の風景とは思えなかった」
と語ったことがあり、
「おお、ほいでその草原、庵治のどの辺にあるん?」
と問うたら、
「わからん。」
ときっぱり。
何処かにあるユートピア。
どうしたら行けるのだろう。
教えて欲しい・・・。
ということで自分、その牛の放牧地帯を暫定的に「天竺」と呼ぶことにし、そこに行けばどんな夢もかなうかも知れない、と夢想しつつ、なんとか自分の足で「天竺」を探し当てたいと、そう思って日曜日はなりふりかまわず志村スタイルで旅を続けているという、そういう次第です。
地元庵治町内での、極めて小さな旅ですが。


てかほいで先週、4時間も迷子になっているうちに、牛がいっぱい飼われている「小屋」は、発見した。
もしかしたら、時間帯や日によって、あの子たちが放たれているのではなかろうか。
ならきっとあの辺りに天竺があるに違いない。

その牛小屋界隈を離れる時点でもはやすでに身体は疲れ切っていたのだけれでも、きっとそのうち天竺にたどり着けそうな目算が立った気がして心は快調、また得意の海岸沿いのコースに戻りジョギングをしながら調子に乗って、
「いんがんだーあらっ がんだーあらっ ぜいせーいとわずいんにーんでぃあっ」
と、わりと普通の大きさで口ずさんでいたら、後ろから
「おはようございます!」
とランナーの男の人がすごいスピードで僕を抜き去っていった。

庵治町の写真

【昨日のでぶろぐ】
グロテスク〈上〉 (文春文庫)体重: 74.6 kg
体脂肪率: 24.2% (低い 標準 やや高い 高い)
脂肪量: 18.1 kg
推定摂取カロリー: 2600kcal

・庵治町内迷子 3時間10分
・半身浴30分 (桐野 夏生 『グロテスク〈上〉』

Comments (8)

早朝ジョギング、続いてるなんてえらいやん!
早起きもジョギングもそんなことするくらいなら死んでまえ!な程嫌いな私にとっては考えられへん!!

…そんな私でも庵治なら走ってみたいかも。

天竺で志村コスプレの旧友をつかまえるため。ぷぷぷ。

そのうち
「早朝に遠足スタイルで走り回る男を捕まえると幸せになる」
っていう都市伝説ができるかも。

頑張って逃げなあかん。

町おこしにもダイエットにも役に立つ。一石二鳥やな。

> bana さん

うん、続いとるよ。
ベタな言いぐさやけど、やっぱなかなか気持ちの良いものです。

街中に住んでたら、車の排気ガスとか、信号で立ち止まったりとか、こうはいかんやろうなぁとも思います。

あとジムでエアロビ出たとき、いっつも開始20分で一人だけバテてへろへろになっとったんやけど、最近はさすがに体力がついてきたのか、60分フルで踊り狂えるようになって、
それもまた楽しい。

まぁ始めたての趣味として、何かといろいろ楽しいサイクルが回っとんやと思います、いまのところは。

なるほど、都市伝説、いいね。
このブログを活用してひとつ、自作自演ででっちあげてみましょうか。

でも今のスピードでは、本格的な自転車の人、市民ランナー、カラス等にいっつも追い抜かれている始末なので、誰からもまったく逃げ切れんと思う。

志村と云うより、某画伯ないでたちのような・・・。
おにぎりころりん、追ってみたら天竺みたいな。

・・・いや、今の君はぴかぴかのダイエッターですもの。
画伯には程遠いナイスガイでしたね。失礼を致しました。
でもくれぐれも帽子は、麦わら以外でレッツコーディネート!


それにしてもどこまでもどこまでも
美しいねぇ、庵治って。
写真でこれでは、実物なんてもう桃源郷そのものだろうなぁ。
霧の写真なんて、アンコールワットみたいだ。


海あり山あり、前も言ったかも知れないけど
そしてそんな簡単ではない色々な事情が
その土地ごとにあるのだろうけど
私が庵治みたいな綺麗な所で生まれたら、
きっと一生、外には出ないや。
うん、すさまじく羨ましい。


このブログの写真自体で十分に町おこしだよ。
みんな目からよだれ出てると思うよ。


いつか足を踏み入れますよ、桃源郷。
独り身の内に必ず。


で、プロの方向音痴の真髄を見せてあげますさ。
4時間なんて・・・甘い甘い。
記録をやぶってみせやしょう。

あたしゃ町内アナウンスを流させてみせますよ。
「迷子の肥えたおばちゃん捜して下さい~っ」ってね。

> nagaoka さん

そうですね、コーデネートが一歩間違えば、
「お、おにぎりなんだな」みたいな感じです。

ちなみにこの日記本文に実際に書こうとしたとき、現在の自分の体型を考慮し、同じドリフターズでも、高木ブーにしようか迷い、あるいは間をとって仲本工事とも考えましたが、やっぱり見栄を張って志村けんにしました。

アンコールワットて、nagaokaさん。
庵治を知っている人が見たら、笑われますよ。
庵治町は別に、そんないうほど美しいものではないです。
似ているのは霧くらいのもんです。

確かにのどかな風景が、いたるところに残っているのは認めます。
おっしゃる通り、海あり山ありでもあります。

でもいま自分がそういうのを楽しめるのは、あくまで僕個人の感覚の問題ですが、やっぱり一旦、庵治の外で生活したことがあるからではないかなと。
讃岐うどんも、高校生のときまでは、何が美味いのか解りませんでしたし。

ですので早朝ジョギングも(今のところですが)景色がとにかく気持ちがいいし、お、ええやんええやん、と感じたら立ち止まってケータイで写真を撮っているという、そういう次第です。
町おこしなんてそんな、もっとちゃんとやっている地元の方々がおられますので、めっそうもないです。
ただ、お褒め頂くぶんには、ものすごく嬉しいです!
ありがとうございます!

んではいつの日か、実物の庵治を見に来てみて下さいまし。
とりわけ何があるってわけではありませんが。
町内放送のシステムはバッチリあります。

お久しぶりでございます。
地頭MYOちゃんです。

ジョギング頑張ってらっしゃるようで何よりです。

天竺!??えっ?あそこ天竺やったんですか!?
写真だと、普段見るより幻想的ですね。

確かに地頭MYOのあたりも濃霧で幻想的な時があります。
濃霧時に池と池との間の道を通る時は真白な空間に一筋の道があるだけで幻想的ですね。

あ!そうそう!
この前、朝6:30頃、仕事に行く時(ぅわ池のあたりで)汗だくになりながらも、ストイックに走る御人をお見かけ致しました。

たぶん、あの御人が庵治太郎様だ…と勝手に思いながら、隣を車にて失礼させて頂きました。

> 地頭MYOちゃん さん

どうも。
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます!


いえいえ、天竺とはあくまで、
行ったこともなく、どこにあるのかもわからない、
という意味で、
仮に天竺と僕が勝手に名づけただけですので、
いまだにその場所もわからず、
写真にもおさめたこともない次第でして。


早朝走ると、
そのときの天気とか気温とかで、
景色にも色々変化があって面白いです。

地頭MYOあたりも、
山あり池あり田んぼありで、
僕の中ではかなり楽しいポイントの一つです。


早朝、庵治町内で
歩くか、ヨタヨタ走るかしている人間がいたら、
かなり僕である可能性は高いです。

ちゃんとスピードにのって、シュッと走っていたら、
それは僕ではありません。

ヨテヨタ………

!?

では、やはりあの御人が庵治太郎様か…!?(←大変失礼)

かく云う小生も、最近腹部がたるんできまして。
まあ四捨五入すりゃアラサーだから仕方あるめぃと放置。

しかし居間でパンツ一丁にて寛いでおりましたら、兄妹に「腹がキモい」と吐き捨てられる始末。。。

そこで数が月前より【ほっとぴあん】の健康増進室にて“six packs”を目指して頑張っている次第であります。

> 地頭MYOちゃん さん

はい、ヨタヨタ走っていたのなら、
ほぼ間違いなく僕でしょう。

自分もよく家の人に、キモいと言われます。
six packs どころか、三段腹です。

ほっとぴあんって、ジムみたいなのもあるんですよね。
お互いまずは、「脱・キモ腹」をめざしましょう!

Comment Form

(必須)

(必須) ※公開はされません。

(Webサイトをお持ちの方)

Trackbacks (0)