HOME > ダイエットの妖精

ダイエットの妖精

070916.jpg ダイエットの一環として「高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI」の12kmコース(制限時間120分)にアタックするということは、さきの日記で申し上げたとおりでして、だもんで自分、先日夜中に試しに12kmにトライしてみましたですよ。
 大会の制限時間は2時間もあるってことだし、まずは歩いて12kmを完走(完歩?)できる体力を、ってんで、とにかく試しに12kmを歩いてみたのでございます。

 2時間5分かかった。
 死ぬかとおもった。

 もうねぇ。12km。どえらいことですよ。はんぱじゃねぇですよ。あの距離を歩きじゃなくて走ろうってんですかあなた。正気じゃねぇよ。まじ死ぬぜ。歩いてる途中からなんか変なよだれが出てくるんだぜ。

 えっとね、途中まではよかったんですよ。私だって途中までは快調だったわけですよ。でもね、1時間くらい歩き続けたらもうね、心が完全にくじけましたね。

 誰や?考えなしにいきなり12kmコースとかに申し込んだやつは。はやまりすぎやろ。むりむり。むりですよ。もうやめやめ。やめですよ。そしてビール。ビールですよ。もう帰ってビール飲まなやっとれんですよ。

 ってあんばいで、歩き始めのうちは、
「スッ、スッ、ハァー。スッ、スッ、ハァー」
とかって、規則正しいリズムで呼吸をするも、途中半泣き状態を経て、1時間半後にはもはやすっかり
「びぃ、いぃ、るぅ~。びぃ、いぃ、るぅ~」
という怒涛の”ビール”コールを鬼の形相で唱えつつへろへろと歩くに至り、風呂上りの一杯だけを心の支えになんとかかんとか家にたどり着いたのでございます。

 で。
 風呂入って。風呂出て。

 いよいよビールじゃぼけぇ、ってんで、つまみのポテチやら菓子パンやらも小脇に抱えつつ居間のテーブルについてみたら、へいへい、誰や誰や、テーブルの上に外から葉っぱ持って帰ってきた奴は、どアホが。っつってその葉っぱをつまんでどかそうとしたら、ほわお!これバッタやん!!

 ぶうぇ~。まじ、きっしょおー。というのは、そのバッタの背中の保護色たるや、まことにもって真に迫った葉っぱぶりであって気色の悪いことこの上なく、しかもそれならそれで外の草むらででもその演技力を遺憾なく発揮すればいいものを、何を思ってけつかったのか我が家のお茶の間で一生懸命に葉っぱを演じているわけでありカムフラージュもくそもなく、目立ちに目立ちまくって外敵の一種であるところの人間様にまんまと見つかっていやがる次第なのだけれども、まぁとにかく何を申し上げたいのかと申しますと、はっきり申しまして、ぼくは虫がものすごく怖いのです。もう虫全般が。
 こいつにしたってなんですかその背中のえげつないほど鮮やかな新緑色は。もう秋ですよあなた。もうほんま恐ろしいんですけど。

 というわけで、とりあえず頑張ってケータイで激写して、あとはもう怖いからその気色の悪い虫は見なかったことにして、その夜はビールにもポテチにも菓子パンにも一口も口をつけずに自分の部屋にいって寝たんだ。
 礼は言わないぜ。


【昨日のでぶろぐ】
クワイエットルームにようこそ (文春文庫 ま 17-3)朝食: 水で我慢
昼食: 水で我慢
夕食: なんかの肉、なんか茄子料理、冷奴、のりたまごはん
深夜: 我慢

・ウォーキング たぶん12km、約1時間45分
・半身浴30分 (松尾 スズキ 『クワイエットルームにようこそ』
・造顔マッサージ(我流)

体重: 74.0 kg
体脂肪率: 26.5 % (低い 標準 やや高い 高い

「第2回高松ファミリー&クォーターマラソン in AJI」 まで あと42日

Comments (10)

予行演習お疲れさまっす◎
私も虫きらい。
バッタはまだいけるほう。
蝶々類が無理。
あの粉っぽさ、あのヘロヘロした飛び方が。
あー鳥肌立つわ。

>ざっきー☆さん

うわー。それ嫌やのー。
そういや今年の夏、
うちの居間にモスラみたいなんがおったわー。
ほんまきつかった。

あと今年うちの居間におったんが、
ムカデ、ヤモリ、カマキリ、あとなんか羽系の虫数種。
もう家ん中も外みたいなもんですよ。

ぴぃ〜いぃるぅ〜〜。
ビール、飲まずに寝るなんて偉いわっ!わて、ぜったいムリ!

バッタか〜、こないだ、カマキリの赤ちゃんを道ばたで助けたけど、かまを子どもだてらに振りかざされて、びびったわ。いやぁね。

もっと、涼しくなってほしいもんです。

>たらこさん

実は今週、頑張って毎日12km歩いたのですが、
たらこちゃん、ごめん!
毎日のように風呂上りに焼酎がぶ飲みしました!
バッタも出てこんかったし!!

うちの家の壁には毎年無数のカマキリの卵があります。
生まれたてのちっちゃい、
ちりめんじゃこのようなカマキリたちにも、
もうしっかりと“かま”があります。

毎年その赤ちゃんがたぶん1000匹単位で壁をうようよと・・・。
あれ見たらほんま、もっとびびると思うよ・・・。

出遅れた・・・

虫こわいんだぁ
かわいい~

ワタシ、わらわら掴みますよ。
蛾とかは嫌いですけど、「きゃ~」とかはないです。
小学校一年生の頃
(バス通学だったんですが、)
学校でカブトムシの幼虫見つけて、
あまりの嬉しさに親にも見せたげなんと思い、
ワタシの手のひらで30分のバスの旅をさせてあげ、
玄関で「プレゼント♪」って親に渡したら
親が顔面蒼白になったって微笑ましいエピソードがあるくらい。
基本ムシ大丈夫。

虫を嫌いだなんて立派な漫画家になれないぞ!!
ってならないか・・・

>しょんさん

いつもコメントありがとー!

虫こわいん、かわいいでしょ?
このブログでは自分がしがないおっさんであることを隠して、
姑息にそういうのをがんがんアピールしていきたいと存じます。

しょんさんは虫つかめるんやー。
ステキっす。男前っす。ホレるっす。

幼虫を素手で持ち帰ったとは、無邪気ですね。かわいいですね。

最近、西原理恵子の『毎日かあさん』を読んでいるのですが、
その漫画に出てくる小学生のおバカな息子さんと、
しょんさんのそのエピソードが、
いま僕の中でものすごくリンクしています。

でもなんで虫嫌いやと立派な漫画家になれんの?
石ノ森 章太郎?バッタの改造人間?

もう!!庵治さん!!!

手塚治虫大先生ですよ・・・

>しょんさん

ああー!

いやいや。
石ノ森 章太郎でしょ。バッタの改造人間でしょ。

あまいな、庵治さん。
名前に“虫”が入ってるんですよ!!!
大先生ですよ!!!!!

>しょんさん

ああー!
なるほど確かに!!

Comment Form

(必須)

(必須) ※公開はされません。

(Webサイトをお持ちの方)

Trackbacks (0)

Trackback URL for this entry
http://aji-taro.com/189.php/trackback/