HOME > 誓の丘 「世界の中心で、愛を叫ぶ」写真展

誓の丘 「世界の中心で、愛を叫ぶ」写真展

看板
 2週間くらい前からでしょうか。
 誓の丘「世界の中心で、愛をさけぶ」写真展会場→。と表記された看板が、町内のあちらこちらで目につくようになりました。

上り坂
 で。こないだの土曜日。散歩がてらに看板の矢印に従って、がんがん歩いてみました。運動不足の体に鞭打ち、上り坂をぜぇぜぇ言いながら進み、写真展会場到着。

誓の丘
 到着後、主催されている方にいろいろお話を聞くことができました。主催者の中心は、普段は庵治町で造園業を営むというおじさん。基本的にそのおじさん個人でやっているそうで、そのご子息もお手伝いされていました。

写真展
 この「誓の丘(ちかいのおか)」と名づけた土地は、まだまだ開発途中ということですが、そこは本業である造園技術を駆使、おじさんとご子息で土地をならしたり、木を植えたり、ブランコを作ってみたり等、今後いい感じに仕上がっていきそうでした。今後もいろいろイベントが盛りだくさんだそうですし、また、この誓の丘に、さぬきうどんのお店や喫茶店などを誘致したいそうで、いまそういうオーナーさんを募集しているそうです。

五剣山
 それにしてもこのおじさん、セカチューのロケに関するうんちく・庵治町の町おこしに対する熱い思い等、話は止まることをしりません。
 例えば、おじさん一押しの五剣山(ごけんざん・誓の丘からきれいに見える)を指差し、「仰向けになっとる人の顔に見えるやろ?右が頭に見える?それとも左が頭に見える?」右が頭に見えるっス、「ところが左が頭に見える人もおるんや」あー、そう言われてみたら左にもみえるっスねぇ、「そやろ?これはな・・・・・」とおじさんの面白い話が続くのですが、つづきはぜひ、現地でご本人からお聞きいただけたらと思います。

 ところで、庵治町でロケ地めぐりをされたことのある方なら、ご存知の方もいるかもしれませんが、こんな風に各ロケ地などに、話好きのおじさんやおばさんが出没、ロケ撮影時のエピソード等を披露することがたまにあります。
 そういうのはちょっとうっとうしいなぁ、と思う観光客の方もいるかもしれませんが、僕はそのいい意味での「おせっかい」が庵治町民のいいところなんじゃないのかなぁ、と思うのです。以前、町外からロケ地めぐりに来た僕の友人も、ロケ地うんぬんよりも、どこどこのロケ地におったおっさんの話が一番おもろかった、と言っていました。観光客の方にはぜひ、地元住民の、田舎のおっさんやおばさんとのコミュニケーションを楽しんでもらえたらなぁ、と思うのです。(もちろん静かにセカチューの世界に浸りたい観光客の方は、それとなく「ノーサンキュー」を態度で示せば大丈夫。)

記念撮影
 ということで最後に、この写真展にたまたま僕と同じ時間に来ていて、一緒にかき氷を食べたりしながらおじさんとのコミュニケーションを楽しんだ、大阪と香川で遠距離恋愛中の素敵カッポーを、ま、ま、せっかくなんで、って記念撮影。


カッポー
<誓の丘 世界の中心で、愛をさけぶ 写真展>

場所 : 庵治町 宮東地区

営業時間 : 午前9:00 ~ 午後7:00

定休日 : 現在のところ無休

料金 : 基本無料 (ご協力いただける方には、道路及び周辺の整備費として、お一人様300円。ご協力くださった方には記念品贈呈)

主催 : 香川県ビジットフォーラム庵治

Comments (7)

はじめまして。
ふれあいまつり庵治について調べていたらここにたどり着き
「うぅわぁ~!すっごぉ。庵治についてこんなすごいんつくっとる人がおるんやぁ・・・」とひとり興奮した者です。
私は高松市民なのですが周りの親戚一同庵治町民なんです。
だから私も人と話す時に『庵治かぶれ』なコメントをしてしまうときもあります。
隠れた庵治の魅力を伝えてくれる感じでとっても心地よい空気ですね。また、立ち寄らせていただきます♪

aji-taroさんに庵治のどこかですれ違ったり出来るのを空想してちょっとニヤニヤしちゃいました。

>よっし~さん

コメントありがとうございます!
なんだかとてつもなく嬉しい内容のコメントです。
ほんまありがとうございます!!

庵治町に帰ってきてから2年。
今ではすっかり「趣味:庵治町」という感じです。
よっし~さんも、どんどん庵治にかぶれて下さいませ。

また庵治太郎.comに、そして庵治町に遊びに来ていただけたら幸せに思います。
庵治町にお越しの際、マニアックな場所を写真に撮っている小僧がいたら、たぶんそれが僕です。

はじめまして。
久しぶりにDVDを引っ張り出して観たところ、私の中で再び
セカチューブーム到来しております。
そんな中、こちらのホームページを見まして、庵治町に行きたくて
我慢できなくなってしまいました。
今日、仕事を終えて帰宅したら大急ぎで支度をして
バイクに飛び乗り目指せ庵治町となりそうです。

明日の朝には庵治町にいそうです。
※写真展は外さずに行かなければ・・・ですね^^


>joeさん

はじめまして!

>そんな中、こちらのホームページを見まして、庵治町に行きたくて
>我慢できなくなってしまいました。

とはこれまた、なんだかめちゃくちゃにうれしいコメントです。
ありがとうございます!!

バイクなら大丈夫かと思いますが、
庵治町は道が狭いのでお気をつけ下さいませ。

ロケ地の1つ、「桜八幡の赤いらんかん」まで行くと、
「誓の丘『世界の中心で、愛を叫ぶ』写真展」の看板が
あると思いますよ。たぶんですけど。

最近行ってないんで、ちょっと状況が定かじゃないです。

もう出発されている頃かもしれませんが、
とにもかくにも、お気をつけて!
庵治町をちょっとでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

こんにちは。
庵治町行ってきました。
撮影スポット一通り全部見れたかと思います。
とても満足でした。それにしても皆さんとても暖かく、
最近忘れてしまっていた何かがある。まさに
「初めて来たのに懐かしい」という言葉がピッタリの町でした。
若い人からお年寄りまで、「おはようございます」と声をかけたら
みなさん人懐っこい笑顔で挨拶を返してくれてとても心温まる
旅でした。

今回はロケ地見学というきっかけで行きましたが、もっともっと
庵治町を知りたい気分ですね。
また時間を作って遊びに行きたいと思います。
片道700kmとちと遠いですが、行って良かったと心から思います。

お祭りのシーズンとかも行ってみたいですね。

あ、そうそう写真展ですが・・・
昨日は残念ながら10:30くらいまで待ってみましたが
やってませんでした。また今度行く時にはぜひ見てみたいです。

>joeさん

「片道700km」ですか!?
本当にお疲れ様でした!

庵治町民の人の良さを感じていただけたようで、
僕もうれしく思います。

写真展やってなかったっスかぁ。
僕が行ったときは「休みなし」って言ってたんですけどねぇ。
申し訳ございませんでした。
「行って良かった」とおっしゃっていただけると
僕の心も救われます。
ほんとありがとうございます。

あ、それとは別に、今年の12月ごろ、
セカチューの「写真館」が復元されるみたいです。
もうたぶん工事はじまってると思います。
写真館の中がどうなるかイマイチ未定らしいですが、
このブログでも「写真館」を追跡していこうと思うので、
その様子を見つつ、いい感じならまた
joeさんにも来ていただけるとうれしいです。
お祭りもけっこーいいっスよぉ。

ではまた。
長旅ほんとうにお疲れ様でした!

大変ご無沙汰しておりますjoe改めkjoeです。
もうこの頃から10年も経っているんですね。
ちょっと地図で高松市の中心部を調べていたら地図の右上に皇子神社が見えて庵治太郎さんを思い出しました。

当時のコンテンツを見返してみると色々と懐かしく暖かい気持ちになります。
現在はバイクから自転車に乗り換えているので、次は自転車で行きたいと思います(これはウソです)。

暖かい時期にのんびりとまたうかがいたいなと思います。
久しぶりのごあいさつまで。

Comment Form

(必須)

(必須) ※公開はされません。

(Webサイトをお持ちの方)

Trackbacks (0)