HOME > あんこもち雑煮

あんこもち雑煮

あんこもち雑煮  このサイトを見てくださっている奇特でレアな方々、明けましておめでとうございます。本年ももしお暇があれば、庵治太郎.comに遊びに来てくださいませ。
 って、へいへい!新年のあいさつ、遅いんちゃうん!?もう6日やで?すいませんすいません。なんか新年早々へこたれてますもんで。

 というのも、元凶は香川県のお正月名物、「あんこもち雑煮」にあり。関東のお雑煮は、お吸い物に焼いた四角い餅を入れると聞いたことがあります。それはそれで美味しいんでしょうが、文化の違いというのはやはり偉大なもので、僕はやっぱ「あんこもち雑煮」を食べないと正月の気分が出ないというかなんというか。
 あんこもち雑煮は、お味噌汁ベースで、餅が丸いやつ。そしてその餅は、あんこ入り。香川県外の人は、味噌とあんこって・・・・・おげぇ、ってなるのでしょうが、なぜかこの味噌とあんこが意外と合いまして、それはもうステキなハーモニーを奏でるのです。

 そんなステキなあんこもち雑煮の何がいけないのって、まぁ要は食べすぎ?あんた正月限定すぎるんだよ。こっちは一年分を三が日で堪能しなきゃってある種強迫観念にかられ、どうしても食べ過ぎてしまいます。
 僕、12月の中ごろから本気ダイエットに突入しまして、3週間で6kgの減量に成功しとりました。年が明けてもまだまだいくぜぇい、って意気込んでました。ま、それだけまだ痩せる余地があったわけですけど。ところが。

 あんこもち雑煮・・・・・。

 まず、元旦朝。「やっぱダイエット中やし」と、あんこもち1個で食べました。ところがそれだと、味噌汁の割合が大きすぎて、どうも味噌とあんこのハーモニーが。ってんで、1月2日、今度はあんこもち2個入れてみたところ、こんどは餅が多すぎてどうもねぇ。

 つーか俺、毎年餅何個やったっけ?思い出せないので3日目の朝は「2005年は新しいことにチャレンジ!」とばかりに、味噌汁用のお椀ではなく、大き目のどんぶりに味噌汁を入れ、その中に餅を3個入れたら、惜しいっ。もうチョイあんこ。
 で、このもうチョイあんこ、って状態で三が日終わったら、どうもモヤモヤするというか、縁起が悪いというか、なんか今年一年の僕はイマイチ伸び悩みっつーか。ええーいままよ。いったれ。僕はすぐにまたどんぶりに味噌汁を入れ、今度は餅4個に。
 ・・・・・餅多すぎた。
 っていうか、この料理はなんや?なに丼や?とんだ「あんこもち雑煮丼 一人大食い大会」ですわ。

 三が日だけで4kgの増量に成功した僕は、この不吉な2005年よ、早く終われ、と願いつつ、へこたれています。

Comments (0)

Comment Form

(必須)

(必須) ※公開はされません。

(Webサイトをお持ちの方)

Trackbacks (0)